苔の回廊|北海道(支笏湖畔)

国内|Domestic
スポンサーリンク

苔の回廊とは

支笏湖畔にある苔の回廊は、樽前山の噴火により流れ出た溶岩が固まり、沢水などに浸食されてできた回廊に苔が自生した場所のこと。

壁の高さは3m~10m。

もふもふとした苔の壁は、みどりのモンスターに包まれたような気にもなります。

美しき苔の世界

紋別橋を下りたら、倒木が苔の回廊への入り口の目印。

この倒木が目印。

11月中旬。
例年では雪が降っていてもおかしくないそうなのですが、今年はまだ降らず。
落ち葉の絨毯を歩みます。

相棒であるお気に入りの登山靴。

いくつもの倒木を越えてゆくので、歩きやすい靴と動きやすい服装がおすすめです。

倒木がたくさん!
ここも登ってゆきます。

奥に進むにつれ、苔が増してきます。
そして気が付けば両サイド高くそびえる苔の壁。

静寂に包まれ、とても神秘的な空間でした。

これが苔の回廊!
もふもふ。

苔の回廊もさることながら、途中の倒木に生えている苔にも注目。

そこにはまるで小さな森が広がっているようで、なんとも可愛らしい。
ミニチュアの世界を眺めている気分でした。

まるで小さな森
普段見たことない苔に興味津々。

タヌメモ

アクセス

苔の回廊への入口は紋別橋

近くに公共交通機関がないので、車で行くことになります。
しかし専用の駐車場はありません。
紋別橋の近くに1台停められるスペースがあるので、空いていたらラッキー。

私たちが訪れた時は空いていなかったので、 紋別橋より徒歩10分の路肩に停めました。
数台停められそうな路肩ですが、路駐ですのでなにかあっても自己責任で。
また、国道453号線はすごいスピードでトラックや車が走るので、歩くときは十分に注意して下さい。

20分ほど歩けるのであれば、「モラップキャンプ場」の無料駐車場も利用できます。
お手洗いもこちらにあります。

所要時間

苔の回廊自体は、片道20分程度です。

参考サイト

実際に苔の回廊に行くまでに参考にさせていただいたサイトです。

苔の回廊への行き方、伝授します! | ブログ | 休暇村支笏湖【公式】
今回は「苔の回廊」への行き方をご案内します 苔の回廊付近に駐車場はございません。モラップキャンプ場の手前にある駐車場をご利用ください。国道453号線からキャンプ場入口に入り少しすると十字路にあたります...

コメント

タイトルとURLをコピーしました